脂漏性皮膚炎を治したSさんの体験談を紹介

脂漏性皮膚炎を治したSさんの貴重な体験談をいただきましたので紹介したいと思います。 頭皮のかゆみやフケ対策に評判の高い「すこやか地肌」は買ってもいいのでしょうか? 頭皮のかゆみに悩む管理人が公式サイトの口コミを解析。また、自分で購入して体験してみました。
MENU

脂漏性皮膚炎を治したSさんの体験談を紹介

 

管理人のお知り合いで、実際に「脂漏性皮膚炎」と診断され、それをすぐに治したSさん(25歳女性)に、貴重な体験談をいただきましたので紹介したいと思います。

 

 

病院に行くまで

幼少期

私は幼少のころアトピー性皮膚炎が酷く、当然頭皮部分にもかゆみとフケはひどかったです。
今思うと適当な皮膚科で診てもらえれば良かったと思います。
ですが、子供心にアトピーは治らない、体質的な病気だと知っていましたので、頭皮のかゆみやフケはあきらめていました。

 

一番酷いときで頭皮から膿がでました。
湿疹のせいで膿が出た後は小さなハゲができました。
これももう治らないものだと思っていました。

 

高校生以降

高校生ぐらいになると頭皮のかゆみとフケは比較的マシになりましたが、依然黒い服は着られませんでした。
このころには頭にできた小さなハゲは治っていました。
恐らく一番私の頭皮の荒れが酷かったのは小学校時代で、膿がでていたときだったと記憶しています。
中学時代でもなお頭の荒れで悩まされ、ずっと短髪にしていました。

 

高校生になって自分に自信がでてきて、校則も緩やかになってから、ストレスが無くなりアトピーは大分マシになり、フケが出なくなって髪の毛を伸ばし始めたのでした。
私の場合小児性皮膚炎だったから頭皮の荒れも歳と共に治って行ったのでしょう。

 

大学生以降

高校を卒業して、大学に入学して私はさらに自分に自信を持ちましたが、いかんせん頭皮の荒れはなおりませんでした。
ですので、当然黒い服は着ませんでした。
そんな中私は在学中に持病(統合失調症)を抱えることとなりました。

 

その後は持病の薬を飲んで生活していたのですが、そのおかげで長い時間寝るようになったり、ストレスを溜めることもできなくなったので、より一層アレルギーは治りました。
もともと小児性アトピーでしたので、アトピーは治りますが、それでも名残りはありました。
何といっても毎日シャワーをする前提でかゆみは収まっただけで、フケがまったくでないかというとそうでもありませんでした。

 

大学を休学して以降

そんな中、私は病気のせいで、大学での勉強に疑問を抱くようになり、大学を休学してしまいました。
その間ほぼ引きこもりをしていたのですが、その間髪の毛が伸びて、復学するころには男前になっていて、自分に自信がでてストレスが減りました。
この段階ではフケは全くでなくなりました。

 

私は髪の毛を長髪にするとフケはでないのか、という勘違いをしました。
そのまま私は社会人になり、今に至るのですが、急に頭がかゆくなり、フケが出ることがありました。
原因としてはアトピーの名残なのだな、と思うしか仕方が無かったです。

 

皮膚科に行ってもステロイドを出されるだけで、ぶり返しがあるので、塗っても仕方が無いかといった具合でした。
まだ私自身が脂漏性皮膚炎であることに気付いていない時点でした。

 

 

まとめ

原因は脂漏性皮膚炎ですので適切な処方のもとに薬を使っていればもっと早くに治っていたと思います。
まさか子供が脂漏性皮膚炎になるなんて誰も思わないかもしれませんが、肌のうるおいが無いのでなっても理屈としては有りえます。
自分で皮膚科に行く様になってからも脂漏性皮膚炎の相談(フケの相談)をしなかった自分がある程度い悪いとも思います。

 

 

治療過程

脂漏性皮膚炎を治したSさんの体験談を紹介

 

私のフケの理由が脂漏性皮膚炎と分かってから、当然皮膚科で薬がでましたが、これはかゆみ止め、炎症止め、抗真菌薬、うるおい成分のミックスされた揮発性の薬でした。

 

処方の際にはスプレータイプと液体タイプの両方を出してもらい両方ためしましたが、持ちの良さや効果の出やすさは圧倒的に液体タイプでした。

 

どれくらい早く治るかというと1日で治ります
薬を貰ってすぐに塗って、その日の晩に塗って寝て、朝起きたら治っていました。
私の脂漏性皮膚炎はそれほど軽かった訳ではありませんでした。
強烈なかゆみとフケがすごかったです。
ですが、すぐに治りました。

 

脂漏性皮膚炎は原因の真菌(カビ)はいちころで死に絶え、治るという単純なものです。
恐らくよほど酷い方でも2日あれば治ると思います。
もし治らない場合、医者の見立てが違っている可能性が高いです。

 

 

男女

脂漏性皮膚炎は男性に特に多いのですが、女性でもおこる病気で、私の行っている皮膚科では女性の方こそ圧倒的に症例が多いみたいです。

 

私の行っている皮膚科にそもそも女性が多いという理由ですのでこれはあまり気にしなくても良いのですが、脂漏性皮膚炎はハゲにつながる病気ですので、早期に治療すべきです。

 

 

病院皮膚科にて

皮膚科にて

私は20代後半で、精神的な持病により、入院を余儀なくされ、アレルギー(アトピー)が一時的にひどくなりました。
また、退院してからも仕事が無いなどのストレスでアレルギーが酷くなりました。

 

そこで、たまたまいつも行く皮膚科を変えて新しく地元の駅前の皮膚科に行くことにしました。
駅前の皮膚科では私の頭のかゆみやフケが脂漏性皮膚炎によるものだとすぐに見立ててくれました。

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは男性に多くおこる病気でそれがハゲにつながるだとか、頭皮からは油が出ているけれども、うるおいがないことや、かゆみが真菌(カビ)によるものだということを教えてもらいました。

 

また、女性でもなる病気で結構簡単に罹患する病気ということも知りました。
女性の場合男性よりも脂漏性皮膚炎が悪化しないと思われます。
というのも男性の方が、脂漏性皮膚炎の原因の頭皮の脂が出やすいからです。

 

脂漏性皮膚炎はただ単に頭皮にうるおいが無く、皮脂が多いという理由だけです。
恥ずかしい病気ではないですので、一度皮膚科に行って診てもらってみると良いです。

 

脂漏性皮膚炎の場合マニュアル的に薬が出るはずですが、抗真菌薬が最低入っていることの確認をした方が良いです。
薬はかゆみ止め、抗真菌薬、保湿剤、炎症薬を調合すれば良いのですが、調合するのにとても時間がかかる(30分くらい)のでうっとおしいですが、効果抜群です。

 

ですが、とにかく抗真菌薬がはいっていれば、間違い無く治ります。
薬の名前は分かりませんが、効能をいえば皮膚科で処方されます。

 

ただし、注意点があり、炎症剤(ステロイド)のみの処方は絶対にダメだということです。そういう皮膚科はすぐに切って下さい。
絶対に抗真菌薬とかゆみ止めがと炎症止めがセットになっているものを貰うことが大事です。

 

「すこやか地肌」

皮膚科で出してもらえる薬が脂漏性皮膚炎の場合、「すこやか地肌」を普段に使うと非常によく効きます。
効くというか予防薬となります。

 

私は病院の薬で1日で脂漏性皮膚炎が治り、予防薬で「すこやか地肌」を使っています。

 

 

脂漏性皮膚炎を治すには

頭皮のかゆみやフケの原因

頭皮のかゆみやフケの原因はほとんどの場合脂漏性皮膚炎です。
アレルギーの方なら特にそうです。
脂漏性皮膚炎というのは、マラセチアという真菌(カビ)が頭皮の脂を栄養として増えることに原因があるのです。

 

脂漏性皮膚炎を治すには

脂漏性皮膚炎を治すには、炎症を抑えるためにステロイドを塗り、マラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬を塗ること、かゆみ止めを塗る必要があります。
もちろんこれは酷い場合です。
普段の予防には雑菌(マラセチア)を防ぐこと、頭皮の乾燥を防ぐこと、荒れてしまった炎症を抑えることが大事で「すこやか地肌」がおすすめです。
これを1日の寝る前に塗るだけでも大分違います。
私自身も脂漏性皮膚炎ですが、これを使っているのですが、かゆくなってきた日の寝る前に一回塗っています。

 

よほど酷い場合

よほど酷ければ病院で薬を出してもらうと良いです。
その際にスプレータイプの薬より、液体タイプのもの(坑真菌薬、炎症止め、かゆみ止めを混ぜたもの)を出してもらうと良いです。

 

ですが、薬を貰うにも処方箋が必要で、診察を受けないといけないです。
診察料金が1,000円(初診料除く)ほど、薬代が1,000円ほど必要です。
少し高いですね。

 

ですが、効果抜群ですので、ここはという時にもらっておくといいかもしれません。
また、かゆみやフケが脂漏性皮膚炎ではない可能性もまれにありますので、一応皮膚科で診てもらうのも良いです。

 

ちなみに

脂漏性皮膚炎はそもそも頭皮に油がでるから起こるものなのですが、では肌が潤っているじゃないか?となりそうですが、それは違います。
頭皮は油が出ているのに、水分が足りていないのです。

 

だから「すこやか地肌」を塗る必要があります。
毎日必ず1日2回塗る必要があるかどうかは、その人次第ですが持っておくと便利ですし、わざわざ病院に行かずに済み、安上がりです。

 

 

脂漏性皮膚炎を治したSさんの体験談を紹介
⇒【返金保証付き】すこやか地肌公式サイトはこちら

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



すこやか地肌口コミ評判 トップへ

口コミと効果

購入・返金など

すこやか地肌の気になるあれこれ

普段の頭皮ケア

このページの先頭へ